NPO環境技術支援センター 環境技術指導者養成講座 

 2015年度 <環境を測る

開講時間 「内容」をクリックして詳細をご確認下さい
 詳 細
会場
行事ごとに案内
申  込 kouza@scet.info (講座係)
団体参加 お問い合わせください
参加費  2000円/1 回
 →TOP
NPO
  環境技術に関する専門知識と広範な教養の修得をめざす人々を対象とし
 開講します。
 本講座は、環境のエキスパートをめざす市民、学生から
 企業人まで、はばひろい層の方々を対象として
 環境技術について、理論的、実践的な指導能力の啓発事業です。
 (認定) 
  講座修了後、出席によってポイント認定を致します。
 (人材認定)
  環境省による
「環境保全・環境教育推進法」が定める[人材育成等事業]です。
  受講修了者を,当法人の資格である[環境技術指導者]として認定します。

 申し込みやお問い合わせ: [講座受付]にメールで当日より5日前までに
  お申し込み下さい。
 
参加者に、随時講座内容、他詳細をお知らせいたします。
      (・氏名 ・携帯電話番号 をお知らせ下さい。
 NPO会員以外の参加希望者は、環境技術学会の「サロン」枠でお申し込み下さい。
プログラムは次の通りです。会員の方が対象です
  @行程は随時参加者にお知らせします A団体参加希望の方はお知らせ下さい
順番   期 日   種 類                  内 容      備考
1
 6月19日(金)  エクスカーション  桜井浄水場と室生ダムの見学  バス
 2   7月13日(月)   実習 水生昆虫の同定法
川の中には数多くの水生昆虫が生息し,水の中の生態系で重要な役割を果たしています。ある河川区間にみつかる水生昆虫の種類から場所の水質を評価することがおこなわれていますが,そのためには水生昆虫種を正しく同定することが必要です。水生昆虫種を同定するためのポイントについて,本講座では分かりやすく実習します。
 淡水生物研究所
集合
地下鉄御堂筋線
「東三国駅」13:30
 3  12月5日(土)   実習 水生生物の同定・分析・評価をする
一部のごく浅い沼などは例外として,湖の植物の大部分を占めているのは植物プランクトンである。水の色が緑に見えるときには緑藻が,青緑色に見えるときにはラン藻が,黄緑色に見えるときには珪藻などがその水の中で多く生息しているからです。一次生産を行い,水の生態系を支える藻類を中心に,水生生物の同定,分析,評価について実習を行います。
現地集合:11:00
 淡水生物研究所